スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いと感じた2コマ 26

新1コマ27
新1コマ28
今回の「1コマ」は先ほどPixivで「苺ましまろ」の「面白いと感じた1コマ」(猫ネタ)に合わせて、放課後キッチン3巻でちかこが駅でダンナを
猫のかぶりものをしたちかことサンディの大学の教授の代わりに世話をしている2匹の大型犬と一緒に、ダンナとサンディを運ぶというものです。
ツボにハマったポイントは、ちかこの「顔見えないから恥ずかしくない」という感性と、ダンナの「恥ずかしくないかよ」というツッコミ
を入れながらも結局は乗ってあげている所です。(そう言えば「まりんスクランブル」のまりんも似た様な感性してましたね…)
そして今回最後となる「すりっぷブラジリアン否定論」は「単行本そのものにも問題があった」です。
一つ目は単行本に載っている折り返しコメントやあとがきやまえがきが全く無い所です。つまり「すりっぷブラジリアン」には単行本ならではのお楽しみが全く載っていなかったんです…(折り返しコメントは「放課後キッチン2巻」で水田恐竜先生がネタにしていたので自分の中では無かった事にしています)
二つ目は「オビのコメントがサムすぎる」というものです。すりっぷブラジリアンのオビコメントは「サンバが街にやってきた」です。
まぁなんというか、「サンバが街にやってきてなんなんだ!?」というツッコミを入れたくなるくらいサムく、しかもサンバの規模は小さい上に日本には「浅草サンバカーニバル」というものがある位なのでそれを考えるととにかくサムかったです…
ちなみに「まりんスクランブル2巻」のオビは「兄妹のチン義なきバトルここに完結!」という個性的なコメントでした。(これはGoogle画像で確認できます)
そして三つ目は「単行本化の順番が不自然」です。どういう事かと言いますと、「すりっぷブラジリアン」の連載終了時期は1999年の夏で同時期に単行本化した「まりんスクランブル」の連載終了時期は1999年の年明け頃です。
それを考えると流れ的には「まりんスクランブル」の単行本化が先なんじゃないかと思います。しかし何故「すりっぷブラジリアン」を先に単行本化したのでしょうか?
もしかしたら水田恐竜先生はきっと「すりっぷブラジリアンはなんかイマイチだったなぁ…だったらあえて「すりっぷブラジリアン」を先に単行本化して、その後に「まりんスクランブル」を単行本化すれば「まりんスクランブル」がもっと面白く感じられるんじゃないかなぁ」という理由で単行本化したのかもしれませんね…(まぁそうした事で自分はこうして「まりんスクランブル」の「面白いと感じた1コマ」「2コマ」を沢山投稿しています)
最後になりましたが、Wikipediaでは未だに「すりっぷブラジリアン」の記事を作成していません。まぁこれからも作成するつもりは無いので「すりっぷブラジリアン」のWikiの作成は他の誰かに任せる事にしました。(「チョコレートチャンプルー」の方は記事がまとまったら作成しようと思います)
もし「すりっぷブラジリアン」のWikiを作成したという人がいましたら、自分は「すりっぷブラジリアン」の「面白いと感じた1コマ」をひとつだけ載せていこうかと思っています。(全てが面白くない訳ではないので)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

プロフィール

魁快

Author:魁快
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
閲覧者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。